接続助詞とは

助詞は、その代表的なものに「てにをは」があり、その機能は、他の語との関係を示したり、語に一定の意味を添えたりします。

接続助詞は、助詞の種類のひとつであり、前の語句を後ろの語句に接続し、前後の語句の意味上の関係を示す働きがあります。

古文の接続助詞の代表的なものには、「ば・と・とも・ど・ども・が・に・を・て・して・で・つつ・ながら・ものの・ものを・ものから・ものゆゑ」があります。

今回は、接続助詞の「て」「して」「で」について解説します。

接続助詞「て」 用法と接続

接続助詞の「て」は完了の助動詞「つ」の連用形「て」から転化したものと考えられています。

接続助詞の「て」は活用語(動詞や助動詞、形容詞、形容動詞)の連用形に接続します。

接続助詞「て」には、『単純接続』『順接確定条件』『逆接確定条件』の3つの用法があります。

接続助詞「て」の用法

接続助詞「て」の『単純接続』用法

単純接続とは、前の事柄にあとの事柄が順に続くことを示します。

現代語訳はそのまま「~て」となります。

例文で確認してみましょう。

例文『単純接続』

⑴ 夏果て秋の来るにはあらず 〔徒然草〕

(現代語訳:夏が終わっ秋が来るのではない)

接続助詞「て」の『順接確定条件』用法

順接確定条件とは、自分の目の前にある事実を受けて、その事実から順接(予期される結果が現れることについて)の話を進める表現です。

『あるひとつの事実から、予想される(順当な)こたえが導き出されることについて述べたい場面』に使われる表現です。

文章の中では、接続助詞の「て」の直前に位置する内容が、事実に相当する部分になり、接続助詞「て」の直後に位置する内容が、予想される(順当な)結果を表す部分になります。

現代語訳は「~ので」となります。

例文で確認してみましょう。

例文『順接確定条件』

⑴ 八日。さはることあり、なお同じところなり 〔土佐日記〕

(現代語訳:八日。さしつかえることがあるので、やはり同じ所にいる)

接続助詞「て」の『逆接確定条件』用法

逆接確定条件とは、自分の目の前にある事実を受けて、その事実から逆接(予期される結果が現れないことについて)の話を進める表現です。

『あるひとつの事実から、予想と反するこたえが導き出されることについて述べたい場面』に使われる表現です。

文章の中では、接続助詞の「て」の直前に位置する内容が、事実に相当する部分になり、接続助詞「て」の直後に位置する内容が、予想に反する結果を表す部分になります。

現代語訳は「~のに」「~ても」となります。

例文で確認してみましょう。

例文『逆接確定条件』

⑴ 勢ひ猛(まう)に、ののしりたるにつけ、いみじとは見えず 〔徒然草〕

(現代語訳:権勢が盛んで、評判を立てているにつけても、りっぱだとは思われない)

接続助詞「して」 用法と接続

接続助詞の「して」は活用語(動詞や助動詞、形容詞、形容動詞)の連用形に接続します。

接続助詞「して」には、『単純接続』の用法があります。

接続助詞「して」の『単純接続』用法

単純接続とは、前の事柄にあとの事柄が順に続くことを示します。

現代語訳は「~て」「~で」となります。

例文で確認してみましょう。

例文『単純接続』

⑴ 玉くしげ見諸戸山(みもろとやま)を行きしかば面白くして古(いにしへ)思ほゆ 〔万葉集〕

(現代語訳:見諸戸山を歩いて行ったところ、景色がすばらしく昔のことがしのばれる)

⑵ おほかたのふるまひ・心づかひも、愚(おろ)かにしてつつしめるのは得の本(もと)なり 〔徒然草〕

(現代語訳:一般のふるまいや心の持ち方も、愚鈍用心深くしているのは成功のもとである)

接続助詞「で」 用法と接続

打消の助動詞「ず」に接続助詞の「て」が付いた「ずて」が「で」と変化してできた語だと考えられています。

接続助詞の「で」は活用語(動詞や助動詞、形容詞、形容動詞)の未然形に接続します。

接続助詞「で」には、『打消接続』の用法があります。

接続助詞「で」の『打消接続』用法

打消接続とは、前の語を打ち消してあとの語句に続けることを示します。

現代語訳は「~ないで」「~なくて」となります。

例文で確認してみましょう。

例文『打消接続』

⑴ 狩りはねんごろにもせ、酒をのみ飲みつつ〔伊勢物語〕

(現代語訳:狩りは熱心にもしないで、酒ばかり飲んでは)

まとめ

今回学んだことをまとめます。

接続助詞「て」

・接続助詞「て」の3つの用法は『単純接続』『順接確定条件』『逆接確定条件』である。

・接続助詞「て」は連用形に接続する。

接続助詞「て」の用法と現代語訳

・『単純接続』 現代語訳:~て

・『順接確定条件』 現代語訳:~ので

・『逆接確定条件』 現代語訳:~のに、~ても

接続助詞「して」

・接続助詞「して」の用法は『単純接続』である。

・接続助詞「して」は連用形に接続する。

接続助詞「して」の用法と現代語訳

・『単純接続』 現代語訳:~て、~で

接続助詞「で」

・接続助詞「で」の用法は『打消接続』である。

・接続助詞「で」は未然形に接続する。

接続助詞「で」の用法と現代語訳

・『打消接続』 現代語訳:~ないで、~なくて

合わせて読みたい


【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座


【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

おすすめの記事