助動詞とは

助動詞とは、動詞の末尾にくっつける語です。

動詞の末尾に助動詞がくっつくと、動作の状況や状態が変化したり、表現者(話し手や書き手)の気持ちや考えが付け加わります。

助動詞は28個あります。「る・らる・す・さす・しむ・ず・き・けり・つ・ぬ・たり・り・む・むず・けむ・らむ・まし・めり・らし・べし・なり・じ・まじ・まほし・たし・なり・たり・ごとし」です。数が非常に多いです。

助動詞は活用があるため、 助動詞の後に続く他の語との接続に応じて、語形変化を生じます。したがって、文章を読んで理解するためには、助動詞それぞれの活用の仕方を覚える必要があります。

さて、今回は、一般に『使役・尊敬』の助動詞と分類分けされている助動詞「しむ」について詳しく説明していきたいと思います。

助動詞「しむ」の活用は次のようになります。

助動詞「しむ」の活用

助動詞「しむ」の活用は、下二段活用になります。

助動詞「しむ」は「しめ・しめ・しむ・しむる・しむれ・しめよ」と活用します。

助動詞「しむ」は用言(動詞、形容詞、形容動詞)の未然形に接続します。

古文の助動詞「しむ」 現代語の「しめる」

古文の助動詞の「しむ」は現代語「しめる」と共通する部分があります。

現代語の「しめる」と古語の「しむ」の違いのひとつは活用です。古文で、下二段活用であった「しむ」が現在に至るまでに下一段活用に変わり、終止形、連体形、已然形(仮定形)の活用が変化しました。

動詞や助動詞はその活用の内、終止形を見出し語としますので、下二段活用から下一段活用に変化するに伴い、「しむ」は「しめる」という扱いに変わったのです。

意味については、現代語の「しめる」は『使役』を表します。一方、古文の助動詞「しむ」は『使役』に加え、『尊敬』も表します。

まず古文の「しむ」の意味を考える前に、現代語の「しめる」の『使役』について考えていきましょう。

現代語「しめる」の『使役』

『使役』は、誰かが他者に命じて何かをやらせることを表わします。

『使役』を言い表すとき、現代語では「せる」「させる」を用いるのが普通ですが、漢文訓読文等にて「しめる」が使われることがよくあります。早速例文で確認してみましょう。

『使役』の「しめる」

⑴ 私をして言わしめれば、この計画はしょせん砂上の楼閣にすぎない。

⑵ わが意思を、速やかに民をして知らしめよ

⑶ この種の教育改革は教師の権威を失墜せしめるものだ。

例文⑴では、周囲の許しを得て自分に言うことをやらせてみるとすればという感じの使役が「しめる」によって表現されています。

例文⑵では、人民に対して速やかに知るという状態にさせるという使役が「しめる」によって表現されています。

例文⑶では、教育改革によって教師の権威が失墜させられるという使役が「しめる」によって表現されています。

以上のように、現在では日常的に使われることはほぼありませんが、漢文訓読文等では『使役』の表現方法として「しめる」がよく使われます。

続いて、本題である古文の助動詞「しむ」について学びましょう。

『使役』『尊敬』の助動詞には「しむ」以外にも「す」「さす」があります。

まずは、「しむ」と「す」「さす」の使われ方の違いについて簡単に触れておきたいとおもいます。

助動詞「しむ」と「す」「さす」の歴史

使役の「しむ」は、「す」「さす」の発達していなかった上代に多く用いられました。

しかし、中古になると、「す」「さす」で使役を表わすようになり、仮名書き日記・物語などでは、「しむ」がほとんど用いられなくなりました。

たまに「しむ」が用いられる場合も、特定の男性の会話や手紙文に集中する傾向がありました。

ただし、漢文を訓読する際は、平安時代ではもっぱら「しむ」が用いられました

また、中世の説話や軍記になると、「しむ」は再びよく用いられるようになりました。

助動詞「しむ」と「す」「さす」の使われ方には、このような歴史があり、特に「しむ」は漢文訓読においてよく用いられたということを覚えておきましょう。

それでは、古文の助動詞「しむ」の2つの用法『使役』『尊敬』について解説します。

古文「しむ」の『使役』用法

古文の助動詞「す」「さす」には『使役』の用法があります。

『使役』は、誰かが他者に命じて何かをやらせることを表わします。現代語では、「~せる」「~させる」「~しめる」と言います。

例文で確認してみましょう。

「しむ」の『使役』用法

⑴ 身をやぶるよりも、心をいたましむるは、人をそこなふことなほ甚(はなは)だし 〔徒然草〕

(現代語訳:肉体を傷つけることよりも、精神を苦しませることは、人を害することではいっそうはなはだしい)

⑵ この幣(ぬさ)の散る方(かた)に、御船すみやかに漕がしめたまへ 〔土佐日記〕

(現代語訳:この幣(=神へのささげ物)の散るほうへ、御船を速く漕がてください)

『使役』用法の識別

『使役』用法の識別について説明します。

助動詞「しむ」には『使役』と『尊敬』の用法がありますが、『尊敬』の用法の場合は、必ず他の尊敬を表わす語とともに用いられます

つまり、助動詞「しむ」の直後に尊敬を表わす語を伴なわない場合は『使役』の用法だと考えればよいです。

具体的には、助動詞「しむ」の直後に尊敬を表わす補助動詞「給ふ」がなければ、「しむ」は必ず『使役』の用法になります。

尊敬の補助動詞

給ふ〔現代語訳〕お~になる・~なさる

補助動詞は連用形に接続しますので、直前に尊敬の動詞が存在せず、「しむ」の連用形+「給ふ」の「しめ給ふ」というカタチで用いられない場合は、必ず『使役』の用法になります。

ちなみに、助動詞「しむ」の直後に尊敬を表わす補助動詞「給ふ」がある場合、つまり「しめ給う」というカタチの場合、「しむ」は『使役』と『尊敬』の両方の可能性がありますので、文脈でどちらの用法か判断しなければなりません。

もうひとつの識別の方法は、使役の対象(誰かに何かをさせられる人)を表わす語があるかどうか確認する方法です。使役の対象を表わす語がある場合は『使役』の用法だと考えれば良いです。

例えば、次のような場合には『使役』の用法になります。

あしひきの山行きしかば山人(やまびと)のわれにしめし山づとそこれ 〔万葉集〕

(現代語訳:あしひきの山を歩いていたところ山人が私に受け取らせた山のみやげだよ、これは)

上記の例では、「われに」という使役の対象がありますので、『使役』の用法になります。

古文「しむ」の『尊敬』用法

古文の助動詞「しむ」には『尊敬』の用法もあります。

『尊敬』は、動作の主体に対する敬意を表します。現代語では、「~れる」「~られる」と言ったり、他にも「お~になる」「~なさる」と言って表現することもできます。

助動詞「しむ」が『尊敬』の用法で用いられる場合は、必ず他の尊敬を表わす語とともに用いられます

具体的には、「しむ」が『尊敬』の用法で用いられる場合は、必ず直後に尊敬を表わす補助動詞「給ふ」が続きます。

『尊敬』の助動詞「しむ」と『尊敬』の補助動詞「給ふ」の2つの敬語を表わす語を並べ、「尊敬語+尊敬語」とすることで、動作を行う人に対して特別高い敬意を表す言い方となり、これを『二重尊敬』『最高敬語』などといいます。

『二重尊敬』『最高敬語』は現代語で「お~になられる」「~なされる」と訳します。

例文で確認してみましょう。

「しむ」の『尊敬』用法

⑴ おもく勘当せしめ給ふべきよしなむ、仰せ言侍りつれば 〔源氏物語〕

(現代語訳:厳重に処罰しなされるであろう旨の、ご命令がございましたので)

⑵ おほやけも行幸せしめ給ふ 〔大鏡〕

(現代語訳:天皇もお出ましなされる)

<オマケ> 現代語「しめる」を「しむ」へ

現代語の「しめる」と古語の「しむ」の違いは活用です。下二段活用であった「す」「さす」が下一段活用に変わり、終止形、連体形、已然形(仮定形)の活用が変化しました。

さて、現代語と古語のつながりを意識するため、現代語の「しめる」を「しむ」に置き換える遊びをやってみます。例文は、現代語「しめる」の説明の際に使用したものをそのまま使います。

『使役』

⑴ 私をして言わしめれば、この計画はしょせん砂上の楼閣にすぎない。⇒言わしむれ

⑵ わが意思を、速やかに民をして知らしめよ。⇒知らしめよ

⑶ この種の教育改革は教師の権威を失墜せしめるものだ。⇒失墜せしむるものだ。

こういった言葉の遊びをやってみると、古語がすごく身近に感じられ、また、昔の人になったような感覚が得られてとても面白いです。

皆さんも是非、試してみてください。

「しむ」の『使役』『尊敬』以外の用法

実は、助動詞「しむ」は謙譲の動詞「聞こゆ(=申し上げる)」「奉る(=差し上げる)」「申す(=申し上げる)」「啓す(=申し上げる)」などに付いて、謙譲の意を強めることがあります。

この場合の「しむ」は、現代語で「~申し上げる」「~いたす」と言うことができます。

謙譲の意を強める「しむ」

⑴ 皇太后宮にいかで啓せしめむと思ひ侍れど 〔大鏡〕

(現代語訳:皇太后になんとかして申し上げようと思いますが)

⑵ 御寺に申し文を奉らしめむ 〔大鏡〕

(現代語訳:お寺にお願いを書いた文を差し上げいたしましょう。)

助動詞「しむ」にはこのように謙譲の意を強める使われ方もあります。この場合、必ず謙譲を表わす語とともに使われます。覚えておきましょう!

まとめ

助動詞「しむ」には2つの用法『使役』『尊敬』があります。

「しむ」の『使役』用法

『使役』は、誰かが他者に命じて何かをやらせることを表わします。

現代語では、「~せる」「~させる」「~しめる」と言い表します。

「しむ」の『尊敬』用法

『尊敬』は、動作の主体に対する敬意を表します

現代語では、「~れる」「~られる」「お~になる」「~なさる」と言い表します。

『二重敬語』『最高敬語』は、現代語で「お~になられる」「~なされる」と言い表します。

『使役』『尊敬』の識別

・『使役』の用法は直前や直後に尊敬・謙譲を表わす語を伴なわない

・使役の対象を表わす語がある場合は『使役』の用法である

・『尊敬』の用法は直後に尊敬を表わす補助動詞「給ふ」を必ず伴う




【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 


【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座

おすすめの記事