古文のシク活用の形容詞についてまとめましたので紹介します。

まず、シク活用の形容詞の活用について説明します。

シク活用の形容詞の活用表

シク活用には本活用補助活用があります。

本活用の後には原則として助動詞が付きません。(例外として、断定の助動詞「なり」が本活用の後に付く場合があります。)

補助活用は主に後に助動詞を付けるために発達したと考えられますが、後に助動詞が続かない用法もあります。

補助活用はシク活用の本活用の「しく」にラ変動詞「あり」が付き、「しくあり」が「しかり」となったものです。したがって、補助活用はラ変型に活用します。(この活用をカリ活用と呼ぶことがあります。)

形容詞のク活用とシク活用の見分け方

形容詞の活用にはク活用シク活用の2種類があります。

形容詞は終止形を見出し語とします。形容詞の終止形はク活用の場合もシク活用の場合も「し」で終わるため、終止形でク活用かシク活用かを見分けることはできません。

ク活用とシク活用の見分け方は、形容詞の後に「なる」という語を付けて形容詞を連用形にして比較する方法が一般的です。「なる」の直前が「く」になる場合はク活用「なる」の直前が「しく」になる場合はシク活用と覚えましょう。

例えば、「よし」に「なる」を付けると「よくなる」となり、「なる」の直前が「く」なので「よし」はク活用と判断できます。

また、「よし」に「悲し」を付けると「悲しくなる」となり、「なる」の直前が「しく」なので「悲し」はシク活用と判断できます。

古文単語の学習について

古文の単語を理解する上で重要なことは、そのことばの語感を掴むことです。

我々日本人が、現代の基本的な生活上必要ないと思われる知識である古文を学ぶ理由のひとつが、この語感の獲得です。

古文のことばは現代のことばに通じているので、語感を学ぶことで言語感覚が豊かになります。

そして、ことばの感覚を磨くことがコミュニケーションの上達や文章表現力の向上など、基本的な国語力を伸ばす力になります。

国語力が伸びれば、社会生活を豊かに送れることが期待できます。

古文単語の習得は、暗記という無駄な作業をしているというネガティブな思考で取り組むのではなく、人間力向上につながるというようなポジティブな態度で臨めると良いです。頑張りましょう。

なお、以下のページで単語テストが実施可能です。何度も取り組んで脳に確実にインプットしましょう。

シク活用の形容詞 1~10

シク活用の形容詞を紹介します。

うつくし(愛し/美し)〔シク活用〕

【現代語訳】①かわいらしい。②きれいだ。③立派だ。

【語感】奈良時代には肉親への親愛の情「いとしい」を表わし、平安時代に入って小さく愛らしいものに対する「かわいい」の意味が生じ、その後、美一般を表わすようになった。

【活用】〔未〕うつくしからズ-〔用〕うつくしく(うつくしかり)テ-〔終〕うつくし。-〔体〕うつくしき(うつくしかる)トキ-〔已〕うつくしけれドモ-〔命〕うつくしかれ。

かなし(愛し/悲し/哀し)〔シク活用〕

【現代語訳】①いとしい。かわいい。②かわいそうだ。心が痛む。

【語感】あるものや人に対する思いが、胸に痛切に迫ってくるさまを表わす。別離などに対する「悲し・哀し」という思いと、異性や肉親に対する「愛(かな)し」という思いがある。

【活用】〔未〕かなしからズ-〔用〕かなしく(かなしかり)テ-〔終〕かなし。-〔体〕かなしき(かなしかる)トキ-〔已〕かなしけれドモ-〔命〕かなしかれ。

いみじ〔シク活用〕

【現代語訳】①とても。たいそう。②とてもすばらしい。③ひどい。悲しい。

【語感】動詞の「忌(い)む」が形容詞化した語。忌み避けなければならないほど、程度が並み外れていることを表わす。好ましい状況と好ましくない状況の両方に対して用いられる。

【活用】〔未〕いみじからズ-〔用〕いみじく(いみじかり)テ-〔終〕いみじ。-〔体〕いみじき(いみじかる)トキ-〔已〕いみじけれドモ-〔命〕いみじかれ。

をかし〔シク活用〕

【現代語訳】①趣がある。趣深い。おもしろい。②すばらしい。③美しい。④滑稽だ。

【語感】普通ではなかったり、普段とは一味違った対象に興味・関心を抱き、それを「興味深くすばらしい」と肯定的に評価するのが基本の意味。

【活用】〔未〕をかしからズ-〔用〕をかしく(をかしかり)テ-〔終〕をかし。-〔体〕をかしき(をかしかる)トキ-〔已〕をかしけれドモ-〔命〕をかしかれ。

あやし(奇し/怪し/異し/賤し)〔シク活用〕

【現代語訳】①不思議だ。②異常だ。③身分が低い。④粗末だ。みすぼらしい。

【語感】驚きの声を表わす感動詞「あや」から生まれた語。自分には理解しにくく異様なものに対して不審に思う「奇し・怪し」という意味と、貴族の目に庶民の生活が奇異なものに感じられたことから派生して生じた「賤し」という意味がある。

【活用】〔未〕あやしからズ-〔用〕あやしく(あやしかり)テ-〔終〕あやし。-〔体〕あやしき(あやしかる)トキ-〔已〕あやしけれドモ-〔命〕あやしかれ。

おとなし(大人し)〔シク活用〕

【現代語訳】①大人びている。②年配だ。主だっている。③思慮分別がある。

【語感】名詞「大人(おとな)」が形容詞化した語。大人の要素を持っているが基本の意味。年長である、中心的な存在である、分別(善悪を判断する理性的な考え)があるということを表わす。

【活用】〔未〕おとなしからズ-〔用〕おとなしく(おとなしかり)テ-〔終〕おとなし。-〔体〕おとなしき(おとなしかる)トキ-〔已〕おとなしけれドモ-〔命〕おとなしかれ。

ゆかし〔シク活用〕

【現代語訳】①見たい。聞きたい。知りたい。

【語感】動詞「行(ゆ)く」が形容詞化した語。そちらへ行ってみたいと思うほど「心がひかれる」が基本の意味。心がひかれる対象に応じて「見たい」「聞きたい」「知りたい」などの意味になる。

【活用】〔未〕ゆかしからズ-〔用〕ゆかしく(ゆかしかり)テ-〔終〕ゆかし。-〔体〕ゆかしき(ゆかしかる)トキ-〔已〕ゆかしけれドモ-〔命〕ゆかしかれ。

くちをし(口惜し)〔シク活用〕

【現代語訳】①残念だ。②期待外れだ。③つまらない。物足りない。③卑しい。

【語感】期待や予想がはずれて残念な気持ちを表わす。

【活用】〔未〕くちをしからズ-〔用〕くちをしく(くちをしかり)テ-〔終〕くちをし。-〔体〕くちをしき(くちをしかる)トキ-〔已〕くちをしけれドモ-〔命〕くちをしかれ。

わびし(侘びし)〔シク活用〕

【現代語訳】①つらい。苦しい。②さびしい。③貧しい。④興ざめだ。もの足りない。

【語感】動詞「侘ぶ」が形容詞化した語で、物事が思うようにならず「やりきれない」の意味を表わす。

【活用】〔未〕わびしからズ-〔用〕わびしく(わびしかり)テ-〔終〕わびし。-〔体〕わびしき(わびしかる)トキ-〔已〕わびしけれドモ-〔命〕わびしかれ。

あらまほし〔シク活用〕

【現代語訳】①理想的だ。好ましい。

【語感】動詞「あり」の未然形「あら」に願望の助動詞「まほし」が付いて一語化した形容詞。そうありたいと願う状態、つまり理想的であるという意味が基本。

【活用】〔未〕あらまほしからズ-〔用〕あらまほしく(あらまほしかり)テ-〔終〕あらまほし。-〔体〕あらまほしき(あらまほしかる)トキ-〔已〕あらまほしけれドモ-〔命〕あらまほしかれ。

シク活用の形容詞 11~20

シク活用の形容詞を紹介します。

ゆゆし〔シク活用〕

【現代語訳】①おそれ多く慎まれる。②不吉だ。不吉なほど美しい。③すばらしい。④ひどい。

【語感】神聖なものや汚(けが)れたものに触れてはならないが原義。神聖なものと汚れたものが元になっていることから、良いにつけ悪いにつけ、普通とかけ離れたさまも表す。

【活用】〔未〕ゆゆしからズ-〔用〕ゆゆしく(ゆゆしかり)テ-〔終〕ゆゆし。-〔体〕ゆゆしき(ゆゆしかる)トキ-〔已〕ゆゆしけれドモ-〔命〕ゆゆしかれ。

うるはし(麗し・美し・愛し)〔シク活用〕

【現代語訳】①立派だ。きちんとしている。端正だ。②親しい。

【語感】きちんと整った美しさを表わす。欠点のない美しさ、立派さ、折り目正しさについて言う。

【活用】〔未〕うるはしからズ-〔用〕うるはしく(うるはしかり)テ-〔終〕うるはし。-〔体〕うるはしき(うるはしかる)トキ-〔已〕うるはしけれドモ-〔命〕うるはしかれ。

はかばかし(果果し/捗捗し)〔シク活用〕

【現代語訳】①すらすらとはかどる。②際立っている。目立っている。③頼もしい。しっかりしている。

【語感】仕事の進み具合の意味「はか」を重ねて形容詞化した語。順調に進む様子から、「際立っている」「しっかりしている」という意味も表す。

【活用】〔未〕はかばかしからズ-〔用〕はかばかしく(はかばかしかり)テ-〔終〕はかばかし。-〔体〕はかばかしき(はかばかしかる)トキ-〔已〕はかばかしけれドモ-〔命〕はかばかしかれ。

やさし(優し)〔シク活用〕

【現代語訳】①身がやせ細るようだ。つらい。②恥ずかしい。③優美である。上品だ。風流だ。④感心だ。けなげだ。

【語感】動詞「痩す(=やせる)」が形容詞化した語。身がやせ細るほど「つらい」「恥ずかしい」という意味を表わす。そこから、こちらが恥じ入るほど「優美だ」「感心だ」という意味が生じた。

【活用】〔未〕やさしからズ-〔用〕やさしく(やさしかり)テ-〔終〕やさし。-〔体〕やさしき(やさしかる)トキ-〔已〕やさしけれドモ-〔命〕やさしかれ。

いとほし〔シク活用〕

【現代語訳】①かわいそうだ。気の毒だ。②かわいい。いとしい。③いやだ。困る。

【語感】動詞「厭(いと)ふ」の形容詞化した語といわれている。見ていてつらく、目をそむけたいの意味を表わす。弱者への同情「気の毒だ」の意味や、幼い者・か弱い者を見ていて切なく思う感情「愛(いと)しい」の意味を持つ。

【活用】〔未〕いとほしからズ-〔用〕いとほしく(いとほしかり)テ-〔終〕いとほし。-〔体〕いとほしき(いとほしかる)トキ-〔已〕いとほししけれドモ-〔命〕いとほしかれ。

あさまし〔シク活用〕

【現代語訳】①驚きあきれるばかりだ。②あきれるほどひどい。③情けない。嘆かわしい。

【語感】よくも悪くも、思いがけなく驚きあきれることを表わす。

【活用】〔未〕あさましからズ-〔用〕あさましく(あさましかり)テ-〔終〕あさまし。-〔体〕あさましき(あさましかる)トキ-〔已〕あさましけれドモ-〔命〕あさましかれ。

すさまじ(凄じ)〔シク活用〕

【現代語訳】①興ざめだ。②殺風景だ。

【語感】時機のずれ、場違い、期待外れなど、不調和なことから受けるしらけた不快感や、殺風景なもののようすを表わす。

【活用】〔未〕すさまじからズ-〔用〕すさまじく(すさまじかり)テ-〔終〕すさまじ。-〔体〕すさまじき(すさまじかる)トキ-〔已〕すさまじけれドモ-〔命〕すさまじかれ。

さうざうし〔シク活用〕

【現代語訳】①物足りない。②心寂しい。

【語感】楽しくないの意を表わす漢語「索々(さくさく)」が形容詞化した「さくさくし」のウ音便形と言われ、本来あるべきものがない空虚感を表わす。

【活用】〔未〕さうざうしからズ-〔用〕さうざうしく(さうざうしかり)テ-〔終〕さうざうし。-〔体〕さうざうしき(さうざうしかる)トキ-〔已〕さうざうしけれドモ-〔命〕さうざうしかれ。

むつかし(難し)〔シク活用〕

【現代語訳】①うっとうしい。不快だ。②わずらわしい。面倒だ。③むさくるしい。見苦しい。

【語感】不快感を表わし、その原因としてのうっとうしいさま、わずらわしいさま、むさくるしいさまを表わす。

【活用】〔未〕むつかしからズ-〔用〕むつかしく(むつかしかり)テ-〔終〕むつかし。-〔体〕むつかしき(むつかしかる)トキ-〔已〕むつかしけれドモ-〔命〕むつかしかれ。

あたらし(惜し)〔シク活用〕

【現代語訳】①もったいない。惜しい。

【語感】本来すぐれているものが、それにふさわしい扱いを受けていないことを惜しむ気持ちを表わす。

【活用】〔未〕あたらしからズ-〔用〕あたらしく(あたらしかり)テ-〔終〕あたらし。-〔体〕あたらしき(あたらしかる)トキ-〔已〕あたらしけれドモ-〔命〕あたらしかれ。

シク活用の形容詞 21~30

シク活用の形容詞を紹介します。

をこがまし(痴がまし)〔シク活用〕

【現代語訳】①ばからしい。みっともない。

【語感】ばかげていてみっともなく人の笑いものになるような様子を表わす。「をこ」は「ばか」という意味である。「がまし」は形容詞を作る接尾語である。

【活用】〔未〕をこがましからズ-〔用〕をこがましく(をこがましかり)テ-〔終〕をこがまし。-〔体〕をこがましき(をこがましかる)トキ-〔已〕をこがましけれドモ-〔命〕をこがましかれ。

さかし(賢し)〔シク活用〕

【現代語訳】①賢い。賢明だ。②上手だ。すぐれている。③しっかりしている。気丈である。④こざかしい。

【語感】判断力がすぐれていること、判断力を失わないことを言う。また、賢いことが鼻につくという意味でも使われる。

【活用】〔未〕さかしからズ-〔用〕さかしく(さかしかり)テ-〔終〕さかし。-〔体〕さかしき(さかしかる)トキ-〔已〕さかしけれドモ-〔命〕さかしかれ。

すきずきし(好き好きし)〔シク活用〕

【現代語訳】①好色めいている。色好みだ。②風流だ。物好きだ。

【語感】「好き」は恋の道や和歌の道に身を捧げていることを言う。

【活用】〔未〕すきずきしからズ-〔用〕すきずきしく(すきずきしかり)テ-〔終〕すきずきし。-〔体〕すきずきしき(すきずきしかる)トキ-〔已〕すきずきしけれドモ-〔命〕すきずきしかれ。

なまめかし(艶かし)〔シク活用〕

【現代語訳】①若々しい。②優美である。

【語感】熟れた感じのしない、みずみずしい美しさを言い表す。

【活用】〔未〕なまめかしからズ-〔用〕なまめかしく(なまめかしかり)テ-〔終〕なまめかし。-〔体〕なまめかしき(なまめかしかる)トキ-〔已〕なまめかしけれドモ-〔命〕なまめかしかれ。

いまめかし(今めかし)〔シク活用〕

【現代語訳】①現代風だ。②華やかだ。

【語感】「今」が感じられるものの様子を表わす。

【活用】〔未〕いまめかしからズ-〔用〕いまめかしく(いまめかしかり)テ-〔終〕いまめかし。-〔体〕いまめかしき(いまめかしかる)トキ-〔已〕いまめかしけれドモ-〔命〕いまめかしかれ。

つきづきし(付き付きし)〔シク活用〕

【現代語訳】①似つかわしい。ふさわしい。

【語感】「付き」は「ぴったり」「しっくり」の意味を表わす。

【活用】〔未〕つきづきしからズ-〔用〕つきづきしく(つきづきしかり)テ-〔終〕つきづきし。-〔体〕つきづきしき(つきづきしかる)トキ-〔已〕つきづきしけれドモ-〔命〕つきづきしかれ。

なつかし(懐かし)〔シク活用〕

【現代語訳】①好ましい。②親しみやすい。③なつかしい。

【語感】動詞「なつく(=なれ親しむ)」からできた語で、心が引きつけられる感じや今接しているものが好ましく感じられることを表わす。

【活用】〔未〕なつかしからズ-〔用〕なつかしく(なつかかしかり)テ-〔終〕なつかし。-〔体〕なつかしき(なつかしかる)トキ-〔已〕なつかしけれドモ-〔命〕なつかしかれ。

こころぐるし(心苦し)〔シク活用〕

【現代語訳】①つらい。②心配だ。③気の毒だ。かわいそうだ。

【語感】自分のことで心が痛い、相手のことで心を痛めるというように「心が苦しくつらい」という意味を表わす。

【活用】〔未〕こころぐるしからズ-〔用〕こころぐるしく(こころぐるしかり)テ-〔終〕こころぐるし。-〔体〕こころぐるしき(こころぐるしかる)トキ-〔已〕こころぐるしけれドモ-〔命〕こころぐるしかれ。

はづかし(恥づかし)〔シク活用〕

【現代語訳】①立派だ。すぐれている。②気がひける。気後れする。

【語感】「こちらが気恥ずかしく感じるほどに相手がすぐれているさま」を表わす。また、恥ずかしい思いから気後れする気持ちも表わす。

【活用】〔未〕はづかしからズ-〔用〕はづかしく(はづかしかり)テ-〔終〕はづかし。-〔体〕はづかしき(はづかしかる)トキ-〔已〕はづかしけれドモ-〔命〕はづかしかれ。

つつまし(慎まし)〔シク活用〕

【現代語訳】①気がひける。②気恥ずかしい。

【語感】動詞「つつむ」の形容詞形であり、自分を表に出すことを避けようとする心のあり方を表わす。

【活用】〔未〕つつましからズ-〔用〕つつましく(つつましかり)テ-〔終〕つつまし。-〔体〕つつましき(つつましかる)トキ-〔已〕つつましけれドモ-〔命〕つつましかれ。

シク活用の形容詞 31~36

シク活用の形容詞を紹介します。

まだし(未だし)〔シク活用〕

【現代語訳】①まだ時期が早い。時期尚早だ。②不十分だ。未熟だ。

【語感】副詞「まだ」の形容詞形であり、まだ時間的に早いこと、まだ物事が足りないことを言い表わす。

【活用】〔未〕まだしからズ-〔用〕まだしく(まだしかり)テ-〔終〕まだし。-〔体〕まだしき(まだしかる)トキ-〔已〕まだしけれドモ-〔命〕まだしかれ。

めざまし(目覚まし)〔シク活用〕

【現代語訳】①すばらしい。立派だ。②気にくわない。不愉快だ。

【語感】よいにつけ悪いにつけ、目がさめるようなさまを表わす。

【活用】〔未〕めざましからズ-〔用〕めざましく(めざましかり)テ-〔終〕めざまし。-〔体〕めざましき(めざましかる)トキ-〔已〕めざましけれドモ-〔命〕めざましかれ。

あつし(篤し)〔シク活用〕

【現代語訳】①病気が重い。病弱である。②病気がちである。

【語感】病状が重いことを表わす。

【活用】〔未〕あつしからズ-〔用〕あつしく(あつしかり)テ-〔終〕あつし。-〔体〕あつしき(あつしかる)トキ-〔已〕あつしけれドモ-〔命〕あつしかれ。

らうらうじ(労労じ)〔シク活用〕

【現代語訳】①洗練されている。才たけている。②気品がある。

【語感】経験や教養を積むことで洗練された品の良さを言う。

【活用】〔未〕らうらうじからズ-〔用〕らうらうじく(らうらうじかり)テ-〔終〕らうらうじ。-〔体〕らうらうじき(らうらうじかる)トキ-〔已〕らうらうじけれドモ-〔命〕らうらうじかれ。

くやし(悔し)〔シク活用〕

【現代語訳】①悔やまれる。後悔される。残念だ。

【語感】動詞「悔ゆ」の形容詞形であり、物事をし終えたあとで後悔する気持ちを表わす。

【活用】〔未〕くやしからズ-〔用〕くやしく(くやしかり)テ-〔終〕くやし。-〔体〕くやしき(くやしかる)トキ-〔已〕くやしけれドモ-〔命〕くやしかれ。

たのし(楽し)〔シク活用〕

【現代語訳】①愉快だ。楽しい。②豊かである。裕福だ。

【語感】心や物が満ち足りていることを言う。

【活用】〔未〕たのしからズ-〔用〕たのしく(たのしかり)テ-〔終〕たのし。-〔体〕たのしき(たのしかる)トキ-〔已〕たのしけれドモ-〔命〕たのしかれ。

シク活用の形容詞の紹介は以上になります。

単語テスト(シク活用の形容詞)

単語テストは次のページから行えます。


【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。




【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座

おすすめの記事