終助詞とは

助詞は、その代表的なものに「てにをは」があり、その機能は、他の語との関係を示したり、語に一定の意味を添えたりします。

終助詞は、助詞の種類のひとつであり、文の終わりに付いて、その文に一定の意味を添える働きがあります。

古文の終助詞の代表的なものには、「ばや・しか・てしか(てしが)・てしかな(てしがな)・にしか(にしが)・にしかな(にしがな)・なむ(なん)・もが・もがな・がな・な・そ・か・かな・かし」があります。

今回は、終助詞の「なむ」について解説します。

終助詞「なむ」の用法と接続

終助詞「なむ」は『他への願望』を表します。

終助詞「なむ」は活用語(動詞や助動詞、形容詞、形容動詞)の未然形に接続します。

終助詞「なむ」の『他への願望』用法

『他への願望』は、他に対する願望を表す言い方です。

現代語訳は「~てほしい」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『他への願望』用法

⑴ いつしか梅咲かなむ 〔更級日記〕

(現代語訳:早く梅が咲いてほしい)

⑵ 「惟光(これみつ)とく参らなむ」とおぼす 〔源氏物語〕

(現代語訳:「惟光が早く参上してほしい」とお思いになる)

「なむ」の識別

文の中で動詞の後に「なむ」という語が続いた場合、3つの可能性、①終助詞「なむ」、②係助詞「なむ」、③『完了・強意』の助動詞「ぬ」の未然形+『推量・意志』の助動詞「む」のどれかであると考えられます。

したがって、動詞の後の「なむ」がどういう意味を表すかを判断する為には、「なむ」の識別が必要になります。

「なむ」の識別のやり方は簡単で、「なむ」の直前の動詞の活用に注目します。

「なむ」の識別は直前の動詞の活用に注目する

①終助詞「なむ」

「なむ」の直前の動詞の活用が未然形であれば、①終助詞「なむ」です。

『他への願望』用法で、現代語訳は「~てほしい」となります。

②係助詞「なむ」

「なむ」の直前の動詞の活用が連体形であれば、②係助詞「なむ」です。

『強意』用法で、現代語訳では特に訳さなくてよいです。

③『完了・強意』の助動詞「ぬ」の未然形+『推量・意志』の助動詞「む」

「なむ」の直前の動詞の活用が連用形であれば、③『完了・強意』の助動詞「ぬ」の未然形+『推量・意志』の助動詞「む」です。

『推量の強調』『意志の強調』用法で、現代語訳では「きっと~だろう」「必ず~しよう」となります。

それでは、「なむ」の識別について、例文で確認してみましょう。

「なむ」の識別 例文1

⑴ いつしか梅咲かなむ 〔更級日記〕

(現代語訳:早く梅が咲いてほしい)

⑵ 盛りにならば、容貌(かたち)も限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ 〔更級日記〕

(現代語訳:女盛りになるならば、顔立ちもこの上なく美しく、きっと髪もたいそうながくなるだろう)

⑶ その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける 〔竹取物語〕

(現代語訳:その竹の中で、根もとが光る竹が一本あった)

例文⑴は、「なむ」の直前のカ行四段動詞〔咲く〕が未然形の〔咲か〕になっているので、「なむ」は終助詞の「なむ」になります。

例文⑵は、「なむ」の直前のラ行四段動詞〔なる〕が連用形の〔なり〕になっているので、「なむ」は『完了・強意』の助動詞「ぬ」の未然形+『推量・意志』の助動詞「む」になります。

例文⑶は、「なむ」の直前が体言の〔竹〕なので、「なむ」は係助詞の「なむ」になります。(ちなみに、係助詞「なむ」は『係り結びの法則』によって結びの語を連体形にするので、結びの語に注目して「なむ」を識別することも可能です。この例文では結びの語である助動詞の「けり」が連体形「ける」になっていることからも「なむ」が係助詞であることが分かります。)

「なむ」の直前の語が動詞でない場合の識別

「なむ」の直前の語が動詞でない場合は、④ナ変動詞の未然形活用語尾+『推量・意志』の助動詞「む」、②係助詞「なむ」のどちらかであると考えられます。

④ナ変動詞の未然形活用語尾+『推量・意志』の助動詞「む」

「なむ」の「な」が動詞の一部である場合、④ナ変動詞の未然形活用語尾+『推量・意志』の助動詞「む」であると判断できます。

ナ変動詞の意味+『推量』『意志』用法で、現代語訳では「~だろう」「~よう」となります。

ナ変動詞には「死ぬ」「住(い)ぬ」「去(い)ぬ」などがあります。

②係助詞「なむ」

「なむ」の前の語が形容詞の連用形「~く」「~しく」形容動詞の連用形「~に」『打消』の助動詞の連用形「ず」の場合体言(名詞)・副詞・助詞の場合、「なむ」は②係助詞「なむ」であると判断できます。

『強意』用法で、現代語訳では特に訳さなくてよいです。

係助詞「なむ」の接続

係助詞「なむ」は体言(名詞)、副詞、助詞、活用語の連体形に接続しますが、連用修飾語に付くときは連用形に接続します。

それでは、例文で確認してみましょう。

「なむ」の識別 例文2

⑴ 早く去(い)なむとて 〔土佐日記〕

(現代語訳:早く去ろといって)

⑵ 百敷(ももしき)に行きかひ侍らむことは、まして、いと憚(はばか)り多くなむ 〔源氏物語〕

(現代語訳:宮中に出入りしますようなことは、なおさら、とても遠慮が多く(ございまして))

⑶ もし賢女あれば、それもものうとくすさまじかりなむ 〔徒然草〕

(現代語訳:もし賢女がいるならば、それもまたうとましくきっと興ざめなものだろう)

例文⑴は、「なむ」の「な」がナ変動詞「去(い)ぬ」の未然形活用語尾になっているので、「なむ」はナ変動詞の未然形活用語尾+『推量・意志』の助動詞「む」になります。

例文⑵は、「なむ」の直前の形容詞〔多し〕が連用形の〔多く〕になっているので、「なむ」は終助詞の「なむ」になります。

例文⑶は、「なむ」の直前の形容詞〔すさまじ〕が補助活用の連用形の〔すさまじかり〕になっていて、「なむ」は『完了・強意』の助動詞「ぬ」の未然形+『推量・意志』の助動詞「む」になります。(もし本活用の連用形〔すさまじく〕+「なむ」であったならば、その「なむ」は終助詞の「なむ」になります。形容詞の連用形に「なむ」が付いている場合は、このように注意が必要です。)

まとめ

古文で用いられる終助詞「なむ」の用法・現代語訳は次の通り。

用法:『他への願望』 現代語訳:~てほしい

古文で用いられる終助詞「なむ」は未然形に接続する。

「なむ」の識別 ~直前の語が動詞~
  • 「なむ」の直前の動詞の活用が未然形であれば、①終助詞「なむ」です。
  • 「なむ」の直前の動詞の活用が連体形であれば、②係助詞「なむ」です。
  • 「なむ」の直前の動詞の活用が連用形であれば、③『完了・強意』の助動詞「ぬ」の未然形+『推量・意志』の助動詞「む」です。

「なむ」の識別 ~直前の語が動詞以外~
  • 「なむ」の「な」が動詞の一部である場合、④ナ変動詞の未然形活用語尾+『推量・意志』の助動詞「む」です。
  • 「なむ」の前の語が形容詞の連用形「~く」「~しく」形容動詞の連用形「~に」『打消』の助動詞の連用形「ず」の場合体言(名詞)・副詞・助詞の場合、「なむ」は②係助詞「なむ」です。

合わせて読みたい


【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座


【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

関連記事
おすすめの記事