終助詞とは

助詞は、その代表的なものに「てにをは」があり、その機能は、他の語との関係を示したり、語に一定の意味を添えたりします。

終助詞は、助詞の種類のひとつであり、文の終わりに付いて、その文に一定の意味を添える働きがあります。

古文の終助詞の代表的なものには、「ばや・しか・てしか(てしが)・てしかな(てしがな)・にしか(にしが)・にしかな(にしがな)・なむ(なん)・もが・もがな・がな・な・そ・か・かな・かし」があります。

今回は、終助詞の「か」「かな」「かし」について解説します。

まず、「か」「かな」について解説します。

終助詞「か」「かな」の用法と接続

終助詞「か」「かな」は『詠嘆』を表します。

終助詞「か」「かな」は活用語(動詞や助動詞、形容詞、形容動詞)の連体形に接続します。

「かな」は、終助詞「か」に終助詞「な」の付いたものがが一語化した語です。

終助詞「か」「かな」の『詠嘆』用法

『詠嘆』は、深く心に感じたことを表現する言い方です。

現代語訳は「~だなあ」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『詠嘆』用法

⑴ 苦しくも降りくる雨神(みわ)の崎狭野(さの)のわたりに家もあらなくに 〔万葉集〕

(現代語訳:困ったことに降ってくる雨だなあ。神の崎の佐野の渡し場には(雨宿りができる)家もないことなのに)

⑵ 限りなく遠くも来にけるかな 〔伊勢物語〕

(現代語訳:限りなく遠くにも来てしまったなあ)

次に、「かし」について説明します。

終助詞「かし」の用法と接続

終助詞「かし」は『念押し』を表します。

終助詞「かし」は活用語(動詞や助動詞、形容詞、形容動詞)の言い切りの形、終止形と命令形に接続します。

「かし」は、係助詞「か」に副助詞「し」が付いたものです。

終助詞「かし」の『念押し』用法

『念押し』は、重ねて注意する、何度も確かめる言い方です。

現代語訳は「~よ」「~ね」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『念押し』用法

⑴ はや殺し給ひてよかし 〔竹取物語〕

(現代語訳:早く殺してしまってください)

まとめ

古文で用いられる終助詞「か」「かな」の用法・現代語訳は次の通り。

用法:『詠嘆』 現代語訳:~だなあ

古文で用いられる終助詞「か」「かな」は連体形、体言に接続する。

古文で用いられる終助詞「かし」の用法・現代語訳は次の通り。

用法:『念押し』 現代語訳:~よ、~ね

古文で用いられる終助詞「かし」は終止形、命令形に接続する。

合わせて読みたい


【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座


【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

おすすめの記事