目次

助動詞とは

助動詞とは、動詞の末尾にくっつける語です。

動詞の末尾に助動詞がくっつくと、動作の状況や状態が変化したり、表現者(話し手や書き手)の気持ちや考えが付け加わります。

助動詞は28個あります。「る・らる・す・さす・しむ・ず・き・けり・つ・ぬ・たり・り・む・むず・けむ・らむ・まし・めり・らし・べし・なり・じ・まじ・まほし・たし・なり・たり・ごとし」です。数が非常に多いです。

助動詞は活用があるため、 助動詞の後に続く他の語との接続に応じて、語形変化を生じます。したがって、文章を読んで理解するためには、助動詞それぞれの活用の仕方を覚える必要があります。

さて、今回は、一般に『完了・存続』の助動詞と分類分けされている助動詞「たり」について詳しく説明していきたいと思います。

まず、助動詞「たり」の活用は次のようになります。

助動詞「たり」の活用 他の助動詞&助詞とのつながり

『完了・存続』の助動詞「たり」 の活用は、ラ行変格活用になります。

「たら・たり・たり・たる・たれ・たれ」と活用するため、捉えにくいですが、助動詞は基本的に動詞の後に続くと意識すること、それぞれの活用の形と他の助動詞や助詞との繋がりを意識することによって捉えやすくなります。

助動詞「たり」の活用の形と他の助動詞や助詞との繋がり

動詞の後に「たらむ」「たらず」「たらまし」「たらば」と続いた場合の「たら」は、『完了・存続』の助動詞「たり」の未然形である可能性が考えられます。

動詞の後に「たりき」「たりけり」「たりつ」「たりけむ、たりけん」「たんめり、ためり」「たんなり、たなり」 と続いた場合の「たり」「たん」「た」は、『完了・存続』の助動詞「たり」の連用形である可能性が考えられます。

動詞の後に「たれば」「たれど」「たれども」と続いた場合の「たり」は、『完了・存続』の助動詞「たり」の已然形である可能性が考えられます。

続けて『存続』を表わす場合と『完了』を表わす場合を分けて解説していきます。

『存続』の助動詞「たり」の意味・使い方 用法 現代語訳

助動詞「たり」は、助詞の「て」に動詞の「あり」が付いて「てあり」となり、そこから生じた語といわれています。

動詞「あり」を語源とする助動詞には「たり」の他に「り」があります。助動詞「たり」と「り」の違いは、助動詞と一緒に使える動詞の種類の違いです。助動詞「たり」には一緒に使える動詞の種類に制限がないのに対し、助動詞「り」は一緒に使える動詞が四段活用動詞とサ変動詞に限られています。

助動詞「り」について、詳しくは、こちらを参考ください。

さて、動詞「あり」の基本の意味は「ある、いる」です。人や物などが存在していることを表わします。

動詞「あり」を語源とする助動詞「たり」は動詞の後に置いて、動詞が表す動作や状態が存在していることを表わします。動作や状態が存在しているというのは、つまり、動作や状態が継続していると考えれば良いです。

動作や状態が継続している様子を、助動詞「たり」によって言い表すため、助動詞「たり」は『存続』の助動詞と言われています。

それでは、動詞に『存続』の助動詞「たり」がくっついた場合を確認してみましょう。例えば、動詞の「光る」や「挿す」に助動詞「たり」が付いた場合、次のようになります。

例文

⑴ 光りたり

⑵ 挿したり

さて、現代語で動作が継続していることを表わす際は、動作の後に「~ている」を続けます。状態が継続していることを表わす際は、状態の後に「~てある」を続けます。

例えば、「食べる」という動作が継続している場合は「食べている」と言いますし、「書いた」という状態が継続している場合は「書いてある」と言います。

つまり、動詞に『存続』の助動詞「たり」が付いた場合の現代語訳を考えると、動作の継続を表わす「~ている」「~てある」という訳が当てはまることになります。

したがって、先ほどの例に挙げた「光りたり」「挿したり」の現代語訳は次のようになります。

例文

⑴ 光りたり

(現代語訳:光っている。)

⑵ 挿したり

(現代語訳;挿してある。)

『存続』の助動詞「たり」の現代語への訳し方は「~ている」「~てある」となることが分かりましたね。

『存続』の助動詞「たり」と『推量』の助動詞「む」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『推量』の助動詞「む」を並べることで、存続と推量を組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の未然形と『推量』の助動詞「む」を組み合わせて「たらむ」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に推量の意が加わり「~ているだろう」となります。

それでは、「たらむ」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ おのづからもの言ひ漏らしつべき眷属(けんぞく)も、たち交じりたらむ 〔源氏物語〕

(現代語訳:自然に何かと言い漏らしてしまいそうな縁者も、まじっているだろう。)

『存続』の助動詞「たり」と助動詞「ず」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『打消し』を表わす助動詞の「ず」を並べることで、存続と打消しを組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の未然形と『打消し』の助動詞「ず」を組み合わせて「たらず」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に打消しの意が加わり「~ていない」となります。

それでは、この「たらず」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ 身を惜しとも思ひたらず 〔徒然草〕

(現代語訳:自分自身を惜しいとも思っていない)

『存続』の助動詞「たり」と助動詞「き」「けり」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『過去』を表わす助動詞の「き」「けり」を並べることで、存続と過去を組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の連用形と『過去』の助動詞「き」「けり」を組み合わせて「たりき」「たりけり」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に過去の意が加わり「~ていた」となります。

それでは、この「たりき」「たりけり」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ 御まじらひのほどに、うしろやすきものにはおぼしたりきかし 〔源氏物語〕

(現代語訳:宮中でお暮しのころは、安心のできる相手とお思いでいらっしゃっていたのですよ。)

⑵ 学問をもせず、もの言ふこともなくして、常に寝たりけり 〔今昔物語〕

(現代語訳:学問をもせず、もの言うこともなくて、いつも寝ていた。)

『存続』の助動詞「たり」と助動詞「つ」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『完了』を表わす助動詞の「つ」を並べることで、存続と完了を組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の未然形と『完了』の助動詞「つ」を組み合わせて「たりつ」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に完了の意が加わり「~ていた」となります。

それでは、この「たりつ」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ 直衣(なほし)着たりつらむは、いづら 〔源氏物語〕

(現代語訳:直衣を着ていたという人はどこですか。)

『存続』の助動詞「たり」と助動詞「けむ」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『過去推量』を表わす助動詞の「けむ」を並べることで、存続と過去推量を組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の連用形と『過去推量』の助動詞「けむ」を組み合わせて「たりけむ、たりけん」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に過去推量の意が加わり「~ていたのだろう」となります。

それでは、この「たりけむ」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴  〔〕

(現代語訳:)

『存続』の助動詞「たり」と助動詞「めり」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『推定』を表わす助動詞の「めり」を並べることで、存続と推定を組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の終止形と『推定』の助動詞「めり」を組み合わせた「たるめり」が撥音便によって「たんめり」となり、また「たんめり」の「ん」が表記されず「ためり」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に推定の意が加わり「~ているようだ」となります。

それでは、この「たんめり、ためり」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ 「これ賜はするぞ。衣(きぬ)すすけためり。しろくて着よ」とて 〔枕草子〕

(現代語訳:「これをくださるのだよ。お前の衣はよごれているようだ。(これを)着てきれいになさい」といって)

『存続』の助動詞「たり」と助動詞「なり」の組み合わせ

『存続』の助動詞「たり」と『伝聞・推定』を表わす助動詞の「なり」を並べることで、存続と伝聞・推定を組み合わせることができます。

『存続』の助動詞「たり」の終止形と『伝聞・推定』の助動詞「なり」を組み合わせた「たるなり」が撥音便によって「たんなり」となり、また「たんなり」の「ん」が表記されず「たなり」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「たり」のあらわす『存続』の意味「~ている」に伝聞・推定の意が加わり「~ているそうだ」「~ているようだ」となります。

それでは、この「たんなり、たなり」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ 守(かみ)の館(たち)より呼びに文持て来たなり 〔土佐日記〕

(現代語訳:国司の官舎から(私を)呼びに手紙を持って来ているようだ)

『存続』の助動詞「たり」の解説 まとめ

学んだことをまとめると次のようになります。

<『存続』の助動詞「たり」>

・語源は「あり」でその基本的意味は「ある、いる」である。

・現代語訳は「~ている」「~てある」となる。

・ 『推量』の助動詞「む」と組み合わせて「たらむ」と使う。この際の訳は「~しているだろう」とできる。

・『打消し』の助動詞「ず」と組み合わせて「たらず」と使う。この際の訳は「~していない」とできる。

・『過去』の助動詞「き」「けり」と組み合わせて「たりき」「たりけり」と使う。この際の訳は「~ていた」とできる。

・『完了』の助動詞「つ」と組み合わせて「たりつ」と使う。この際の訳は「~ていた」とできる。

・『過去推量』の助動詞「けむ」と組み合わせて「たりけむ、たりけん」と使う。この際の訳は「~していたのだろう」とできる。

・『推定』の助動詞「めり」と組み合わせて「たんめり、ためり」と使う。この際の訳は「~ているようだ」とできる。

・『伝聞・推定』の助動詞「なり」と組み合わせて「たんなり、たなり」と使う。この際の訳は「~ているそうだ」「~ているようだ」とできる。

『完了』の助動詞「たり」の意味・使い方 用法 現代語訳

助動詞「たり」は動詞「あり」を語源とし、動作が継続して行われていることを示すので『存続』という機能を持つことを説明しました。

助動詞「たり」にはこの『存続』の意味の他に、『完了』という意味を持ちます。

『存続』とは、動作が継続して行われていることを表わしていました。助動詞「たり」が『完了』の意味を表わす場合はこの『存続』の意味が元となっていて、動作が終わった後にその終わった動作の結果が存続していることを表わします。

終わった動作の結果が存続しているとはどういうことでしょう?

現代語で例えば、「綺麗に咲いている花」と言った場合、「咲く」という動作が継続している為、『存続』になります。

これを「綺麗に咲い花」と言った場合は、「咲く」という動作が過去のある時点で完了し、その状態がまだ続いています。この表現の方法が助動詞「たり」の『完了』の用法になります。

したがって、助動詞「たり」の『完了』の用法の現代語訳は「~た」となります。

それでは、助動詞「たり」の『完了』の用法について、早速例文で確認してみましょう。

例文

⑴ 女の兄人(せうと)、にはかに迎へに来たり 〔伊勢物語〕

(現代語訳:女の兄が急に迎えに来。)

『完了』の助動詞「たり」と助動詞「む」の組み合わせ

『完了』の助動詞「たり」と『推量』を表わす助動詞の「む」を並べることで、完了と推量を組み合わせることができます。

『完了』の助動詞「たり」の未然形と『推量』の助動詞「む」を組み合わせて「たらむ」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「む」のあらわす『推量』の意味「~だろう」に完了の意が加わり「~ただろう」となります。

それでは、この「たらむ」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴  〔〕

(現代語訳:)

『完了』の助動詞「たり」と助動詞「ず」の組み合わせ

『完了』の助動詞「たり」と『打消し』を表わす助動詞の「ず」を並べることで、完了と打消しを組み合わせることができます。

『完了』の助動詞「たり」の未然形と『打消し』の助動詞「ず」を組み合わせて「たらず」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「ず」のあらわす『打消し』の意味「~ない」に完了の意が加わり「~なかった」となります。

それでは、この「たらず」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴  〔〕

(現代語訳:)

『完了』の助動詞「たり」と助動詞「まし」の組み合わせ

『完了』の助動詞「たり」と『反実仮想』を表わす助動詞の「まし」を並べることで、完了と反実仮想を組み合わせることができます。

『完了』の助動詞「たり」の未然形と『反実仮想』の助動詞「まし」を組み合わせて「たらまし」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「まし」のあらわす『反実仮想』の意味「もし~ならば、~であろうに」に完了の意が加わり「もし~していたならば~だろうに」となります。

それでは、この「たらまし」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ 竜を捕らへたらましかば、またこともなく、我は害せられなまし 〔竹取物語〕

(現代語訳:もし竜を捕えていたならば、またたやすく、私はきっと殺されてしまっただろうに。)

『完了』の助動詞「たり」と助動詞「めり」の組み合わせ

『完了』の助動詞「たり」と『推定』を表わす助動詞の「めり」を並べることで、完了と推定を組み合わせることができます。

『完了』の助動詞「たり」の終止形と『推定』の助動詞「めり」を組み合わせた「たるめり」が撥音便によって「たんめり」となり、また「たんめり」の「ん」が表記されず「ためり」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「めり」のあらわす『推定』の意味「~ようだ」に完了の意が加わり「~たようだ」となります。

それでは、この「たんめり、ためり」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ おとなび給ひためれど、まだいと思ひやりもなく 〔源氏物語〕

(現代語訳:大人らしくなられたようだが、まだそれほど思慮もなく。)

『完了』の助動詞「たり」と助動詞「なり」の組み合わせ

『完了』の助動詞「たり」と『伝聞・推定』を表わす助動詞の「なり」を並べることで、完了と伝聞・推定を組み合わせることができます。

『完了』の助動詞「たり」の終止形と『伝聞・推定』の助動詞「なり」を組み合わせた「たるなり」が撥音便によって「たんなり」となり、また「たんなり」の「ん」が表記されず「たなり」として使われることがしばしばあります。

この場合の現代語訳は、「なり」のあらわす『伝聞・推定』の意味「~そうだ、~ようだ」に完了の意が加わり「~たそうだ、~たようだ」となります。

それでは、この「たんなり、たなり」について、例文を確認してみましょう。

例文

⑴ このおはする人の、「家焼けたなり」とて、いとほしがりて、賜ふなり 〔枕草子〕

(現代語訳:こちらにいらっしゃる方が、「(あなたの)家が焼けたそうだ」と言うので、気の毒に思って、くださるのですよ。)

『完了』の助動詞「たり」の解説 まとめ

さて、学んだことをまとめましょう。

<『完了』の助動詞「たり」>

・語源は「あり」で、その基本的意味は「ある、いる」である。

・現代語訳は「~た」となる。

・『推量』の助動詞「む」と組み合わせて「たらむ」と使う。この際の訳は「~ただろう」とできる。

・『打消し』の助動詞「ず」と組み合わせて「たらず」と使う。この際の訳は「~なかった」とできる。

・『反実仮想』の助動詞「まし」と組み合わせて「たらまし」と使う。この際の訳は「もし~していたならば~だろうに」とできる。

・『推定』の助動詞「めり」と組み合わせて「たんめり、ためり」と使う。この際の訳は「~たようだ」とできる。

・『伝聞・推定』の助動詞「なり」と組み合わせて「たんなり、たなり」と使う。この際の訳は「~たそうだ、~たようだ」とできる。

『完了・存続』の助動詞「たり」のまとめ

<存続の助動詞「たり」>

・語源は「あり」でその基本的意味は「ある、いる」である。

・現代語訳は「~ている」「~てある」

<完了の助動詞「たり」>

・語源は「あり」でその基本的意味は「ある、いる」である。

・現代語訳は「~た」

<助動詞「たり」の未然形「たら」+ 他の助動詞>

「たら + む(推量) = たらむ」 現代語訳:~しているだろう、~だろう

「たら + ず(打消し) = たらず」 現代語訳:~していない 、~なかった

「たら + まし(反実仮想) = たらまし」 現代語訳:もし~していたならば~だろうに

<助動詞「たり」の連用形「たり」+ 他の助動詞>

「たり + き(過去) = たりき」 現代語訳:~ていた

「たり + けり(過去) = たりけり」 現代語訳:~ていた

「たり+ つ(完了・強意) = たりつ」 現代語訳:~ていた

「たり + けむ(過去推量) = たりけむ、たりけん」 現代語訳:~していたのだろう

<助動詞「たり」の終止形「たる」+ 他の助動詞>

「たる + めり(推定) = たんめり、ためり」 現代語訳:~ているようだ、~ようだ

「たる + なり(伝聞・推定) = たんなり、たなり」 現代語訳:~ているそうだ、~ているようだ、~そうだ、~ようだ




【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 


【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座

おすすめの記事