副助詞とは

助詞は、その代表的なものに「てにをは」があり、その機能は、他の語との関係を示したり、語に一定の意味を添えたりします。

副助詞は助詞の種類のひとつであり、副助詞の<副>は「添える」という意味を持ち、種々の語に付いて、いろいろな意味を添える働きがあります。

古文の副助詞の代表的なものには、「だに・すら・さへ・のみ・ばかり・まで・など・し」があります。

今回は、接続助詞の「だに」「すら」「さへ」「のみ」について解説します。

副助詞「だに」「すら」「さへ」「のみ」の用法

副助詞「だに」には『最低限の希望』『類推』の2つの用法があります。

副助詞「すら」には『類推』『強調』の2つの用法があります。

副助詞「さへ」には『添加』『類推』の2つの用法があります。

副助詞「のみ」には『限定』『強調』の2つの用法があります。

副助詞「だに」の用法

副助詞「だに」の『最低限の希望』用法

『最低限の希望』は、最低限の一事をあげて強調して希望する言い方です。

現代語訳は「せめて~だけでも」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『最低限の希望』

⑴ 散りぬとも香(か)をだに残せ梅の花恋しき時の思ひ出(い)でにせむ 〔古今和歌集〕

(現代語訳:散ってしまっても、せめて香りだけでも残してくれ、梅の花よ。恋しくてたまらないときのよすがにするから)

副助詞「だに」の『類推』用法

『類推』は、軽いものをあげて、他にもっと重いものがあることを類推させる言い方です。

現代語訳は「~さえ」「~さえも」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『類推』

⑴ 蛍ばかりの光だになし 〔竹取物語〕

(現代語訳:蛍ほどの光さえない)

副助詞「すら」の用法

副助詞「すら」の『類推』用法

『類推』は、軽いものをあげて、他にもっと重いものがあることを類推させる言い方です。

現代語訳は「~さえ」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『類推』

⑴ 聖(ひじり)などすら、前(さき)の世のこと夢に見るは、いと難(かた)かなるを 〔更級日記〕

(現代語訳:高徳の僧などさえ、前世のことを夢に見るのは、たいそうむずかしいとかいうことなのに)

副助詞「すら」の『強調』用法

『強調』は、ある一事を特に強調する言い方です。

現代語訳は「~までも」「~でさえも」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『強調』

⑴ 大空ゆ通ふわれすら汝(な)がゆゑに天(あま)の河路(かはぢ)をなづみてそ来(こ)し 〔万葉集〕

(現代語訳:大空を(自由に)行き通う私(=彦星)でさえも、あなた(=織女星)のために天の川の道を難渋してやってきたのだ)

副助詞「さへ」の用法

副助詞「さへ」の『添加』用法

『添加』は、ある状態に、さらに他の状況が加わることを表す言い方です。

現代語訳は「(その上)~までも」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『添加』

⑴ 一昨日(をとつひ)も昨日(きのふ)も今日(けふ)も見つれども明日(あす)さへ見まく欲(ほ)しき君かも 〔万葉集〕

(現代語訳:一昨日も昨日も今日も会ったけれども、そのうえ明日までも会いたいあなただなあ)

副助詞「さへ」の『類推』用法

『類推』は、軽いものをあげて、他にもっと重いものがあることを類推させる言い方です。

現代語訳は「~さえ」「~でも」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『類推』

⑴ まさしき兄弟さへ似たるは少なし。まして、従兄弟(いとこ)に似たるものはなし 〔曽我物語〕

(現代語訳:ほんとうの兄弟でも似ているのは少ない。まして、従兄弟で似ているものはない)

副助詞「のみ」の用法

副助詞「のみ」の『限定』用法

『限定』は、あるひとつのものに限定する言い方です。

現代語訳は「~だけ」「~ばかり」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『限定』

⑴ 夜鳴くもの、なにもなにもめでたし。ちごどものみぞさしもなき 〔枕草子〕

(現代語訳:夜なくものは、どれもこれもすばらしい。幼児たちだけはそうでもない)

副助詞「のみ」の『強調』用法

『強調』は、軽いものをあげて、他にもっと重いものがあることを類推させる言い方です。

現代語訳は「特に」「とりわけて」となります。

例文で確認してみましょう。

例文 『強調』

⑴ 月・花はさらなり、風のみこそ、人に心はつくめれ 〔徒然草〕

(現代語訳:月や花は言うまでもないが、風はとりわけ、人に気をもませる)

まとめ

今回学んだことをまとめます。

副助詞「だに」の用法と現代語訳

・接続助詞「だに」の2つの用法は『最低限の希望』『類推』である。

・『最低限の希望』 現代語訳:せめて~だけでも

・『類推』 現代語訳:~さえ、~さえも

副助詞「すら」の用法と現代語訳

・接続助詞「すら」の2つの用法は『類推』『強調』である。

・『類推』 現代語訳:~さえ

・『強調』 現代語訳:~までも、~でさえも

副助詞「さへ」の用法と現代語訳

・接続助詞「さへ」の2つの用法は『添加』『類推』である。

・『添加』 現代語訳:(その上)~までも

・『類推』 現代語訳:~さえ、~でも

副助詞「のみ」の用法と現代語訳

・接続助詞「のみ」の2つの用法は『限定』『強調』である。

・『限定』 現代語訳:~だけ、~ばかり

・『強調』 現代語訳:特に、とりわけて


【進研ゼミ(広告)】進研ゼミ高校講座ではテキストと連動したスマホ学習で無理なく勉強ができます。リンクはコチラ→進研ゼミ高校講座


【スタディサプリ(広告)】スタディサプリなら、いつでもどこでも全国トップクラスの講師陣の分かりやすい解説で勉強することができます。5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。リンクはコチラ→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

おすすめの記事